創始永正五年

​天眞正自源流兵法

​一般社団法人天眞正自源流

0100002.102.jpg

 天眞正自源流兵法、最 高 師 範
  杉  村  碧  峰

武道家、天眞正自源流古武道,御流儀最高師範、
綜合武道尚武舘舘長、御流儀一門會評議委員、

天眞正自源流兵法の上野景範師範の直伝継承者として、長年に渡り修行を重ね、明治維新以後初の【免許皆伝】を授傳印可された人物である。

一門會からの信頼も厚く、後継者の育成に尽力している

sugimura.jpg
012545.jpg

  天眞正自源流兵法、主 席 師 範
    内  記   厳  心

武道家、天眞正自源流古武道,御流儀主席師範、
綜合武道尚武舘副舘長、御流儀一門會評議委員、

天眞正自源流兵法の上野景範師範の直伝継承者として、長年に渡り修行を重ね、【奥伝位相目録印可】を授傳、綜師範の信頼も厚く、独特の自源流演武は他を圧倒する迫力がある

人生の全てをかけて、人跡未踏の部の境地を目指す幕末維新の人斬りを思わせる師範である。

dousinn2022.jpg
harasihann01.jpg

天眞正自源流兵法、主 席 師 範
  原   鐵  心

武道家、天眞正自源流古武道,御流儀主席師範、
綜合武道尚武舘副舘長、御流儀一門會評議委員、

天眞正自源流兵法の上野景範師範の直伝継承者として、長年に渡り修行を重ね、明治維新以後初の【奥伝位相目録印可】を授傳された人物である。

御流儀一門會の相談役として信頼も厚く、明治維新の武士の風格を漂わせる希少な逸材である。

天眞正自源流兵法は、居合術と剣術を中心とした総合武術です

 

 天眞正自源流兵法は流儀の創生以来、其の一門は終生に渡り是を信篤し、島津藩に於いては、第十二代当主島津忠治公より歴代に渡り親ら其の道を修め、流儀の高揚護持に務めたものでした。

 日本伝統の武術はスポーツではありません。

 自源流曰く『一の太刀を以て、二の太刀を疑わず、一剣入魂義気果断決行の精神で敵を両断する』事が剣の根本儀であります。

 剣は技術であって道ではなく、修行の末に技術が調い心法と調和し法と術が調和し己に心底得るものがあって道となるものです。

 故に武術とは、人として其の道を修練し、我が身体に宿る霊魂と剣・術・法が一如となり、日本国独自の崇高な道として悠久永遠に護持されるべきものであります。

 自源流の歴史や家譜を鑑みれば、幾年にも渡り諸々の困難に遭遇し、明治維新後の世界動乱による絶流の危機に臨みながら、一門の先達が一流純粋相傳の伝統を護りぬき、古今不断の道業を伝承して現在に至った事を思えば、唯一流正統を嫡流相傳する事だけではなく、世の志がある人々に伝承して頂きたいと願うものであります。

 明治維新後に於ける流儀の伝達は、多くの流派の歴史伝承を歪曲否定する創作物の類が誇張され遊戯化されて、日本伝統武術の本原であるべき精神と流史を捻じ曲げ、其の精神・流史観・流史傳・極意・術・理法に至るまでを虚忘化しているのが現状であります。

 武術史に於いては中核となる各流派は分家流派への統率力を失い独自の道を歩み始め、伝統武術流派が現代武道に抱合された結果、試合主義の台頭により多くの伝統流派が形骸化への道を辿っております。

 その様な理由から、此処に正しい流派の歴史認識と、天眞正自源流兵法の情報公開及び管理保存を目的として、公式サイトを公開させて頂きました。

                                                            

                                                 天眞正自源流兵法・評議委員会

yaobetokenko.jpg

日本古武道の魅力

 古来より日本の全国各地に伝承される日本古武道とは、日本人の心とは何か。

 世界の人達の多くが学ぶ、柔道、剣道、合気道、を始めとする現代武道の源流となった【日本伝承古武道】の教えに秘められた魅力とは。

自分の可能性を見つけ出そう

mugenn.jpg
mugenn02.jpg
mugenn03.jpg
mugenn04.jpg
趣ある日本庭園
源100年記念
06
20211117_162214_edited
gensin0099HP1
524131_438501936165220_804601365_n
相伝書1
002
001
201500899901
2014さくらまつり演武01
004
DSC00012
DSC00014
DSC00053
DSC00006
GUS04
GUS07
2015487
IMG_3184[1]
DSC_0366
DSC_0714
DSC_0350
DSC_1052

自源流一門會の声

012548114.jpg

様々な日本文化の中でも武道に着目していたのは、命の遣り取りという究極の場でこそ真善美が最も鮮明に現れると思ったからです。中でも日本刀には、高度な美学、精神性が感じられた為、他の道場で単なる武器の一つとして扱い方を習った時は物足りなく感じました。そんな中自源流に出会い、所作全ての美しさに感銘を受け、求めていた真善美を見つけたと感じ、即入門希望をしました。自源流では、むしろしなやかで柔らかな動きが見られます。その中に潜む破壊力に呆然とすることもありますが、男性より女性の方が向いていると思われる面も多くあります。

R Y
​自源流女子部 指導員

剣を抜く男性

天眞正自源流兵法の修行を始めて17年目になります。自分自身の成長を、なかなか実感できないでいる中、師範にさせていただいた事は、大変恐縮な事であり、又、正直戸惑いがあります。ですが、自分が今まで学んできた天眞正自源流の技と心を、初心者の方々に、少しでも正確に、歪まずに伝える事が出来れば、みなさんの修行の手助けになるかと思います。私自身、まだまだ未熟ですので緒先輩方の教えを共に学びながら、御一緒に精進して参りましょう。

Y T
自源流  師範

012548.jpg

私が自源流に入門し、最近は、特に納刀を稽古しております。納刀の難しさ、思い通りにならない自分の体に迷う日々です。迷いが剣に表れると教わりましたが、納刀の稽古をしていて、実感したことがあります。納刀の際、心が迷っている時は刀を怖く感じ、自分を傷つける気がしてきます。このようなときは、ゆっくりと丁寧な稽古を心がけると、自然と心が落ちついて、素直に刀が納る様に思います。先生や先輩の教えの守り、丁寧に稽古を続けることが、必要であるとあらためて実感しました

M H
​自源流女子部 剣士

M H
​自源流女子部 剣士

​武道三昧

武道三昧
日々のヒントを

随時配信中 

20211116_161147.jpg

見出し h2

​配信登録いただいた方は【電子書籍】

「開祖瀬戸口備前守政基公500年慰霊祭記念誌、源武」

を一部無料でご覧いただけます!

​最新情報をお届けいたします

​名字またはニックネームをお願いします。

ご登録ありがとうございます。

busibunka.jpg
 

お問い合わせ

お問い合わせいただきありがとうございます。

20211116_161241.jpg